転職経験談(正社員と派遣での数社の経験が参考になれば・・・)



-  |  次の5件 »

第二新卒、既卒の方専門の無料の転職支援サービス【ウズキャリ】


私が初めて転職したのは今から30年以上も前のこと。

その頃は今のようにインターネットが発展していなかったので、
転職情報などは毎週土日に新聞に挟まれてくる折込の求人募集チラシや、
人材紹介会社を通しての転職、ハローワークを使った転職ぐらいしかありませんでた。

が、今では、

エンジャパンやリクナビ、転職エージェントなど、
無料の転職支援サービスを数多く利用できるようになりました。

さらに、医師や薬剤師、エンジニアやフリーランス、公認会計士向けなど、
業種に特化した転職支援サービスも増えてきました。

そんな中でも最近注目されているのが、第二新卒や既卒者に特化した転職サービス。

それだけ第二新卒や既卒の方への求人が増えてきたと言う事なんでしょうが、
私が初めて転職した35年前にもこのようなサービスがあれば良かったなーと、
羨ましい思いすら感じてしまうぐらいです。

例えば既卒者、第二新卒者向けの方にオススメの転職支援サービスがこちら

【ウズキャリ第二新卒】です


20代の第二新卒、既卒、フリーター、ニートの方への就職サポートを
完全無料で提供しているサービスですが、
内定率は83%以上と驚きの安定性を誇っています。


そんなウズキャリの特徴はと言うと、

1.既卒・第二新卒・フリーター、ニートの内定率83%以上
・書類選考時に企業にご登録者様の強みをアピールする事で書類通過率87%超え
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
・入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度もお伝えするので、入社後のイメージが湧きやすい
・個別サポートとスクール形式を選べる (※どちらも完全無料)

2.キャリアカウンセラー全員が元第二新卒・既卒・フリーター
日本で唯一キャリアカウンセラー全員が元第二新卒・既卒・フリーターなので、
同じ経験をしているからこその失敗をしない就職活動を指導してくれます。
また、就職先を決めるのは人材紹介会社ではなく就職希望者ご自身だと考えているので、
エントリーや入社を強要してただ紹介しておしまい、ということはなく、
候補者の方に寄り添ったサービスを徹底しています。

3.ブラック企業を徹底排除!
離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、
全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しているため、
基準を満たさないブラック企業との取引は一切行っていません。
なので、入社後の定着率は93%以上と非常に高い安定率になっています。

同じ経験をしている経験者だからこそできる転職のアドバイスも沢山してくれるそうなので、
第二新卒、既卒ということで転職や就職を希望している人は、
是非一度、ウズキャリの無料サービスを利用してみてはいかがでしょうか。



2018-10-22 21:06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職して自転車の趣味を楽しめるようになりました


去年の1月に今の会社に転職して、
転職したばかりの去年の夏はボーナスは気持ち程度に頂いたんですが、
今年の夏のボーナスは思っていた以上に貰えてしまったので、
子供の高校の学費を払ったり車のローンの夏の増額分を払ったりした後の残りを奮発して、
ビアンキという以前から欲しかった14万円程する自転車(ロードバイク)を買ってしまいました。

今まではお金も時間も余裕が無かったので、
ロードバイクなんて夢のまた夢、という感じでしたが、
子供達が中高生になってお金はかかるものの、
小学生の頃にやっていた習い事やスポーツクラブの役員とかの手伝いにかかっていた時間も無くなって自分の時間が持てるようになったので、
ここで思い切ってビアンキの自転車を買ってみました。

ただ、自転車マニアの方が購入するような50万円とか100万円とかするような自転車に比べれば14万円でも全然高く無いので、比較の問題ではありますが・・・

で、早速一人で横浜とか江ノ島とかツーリングには行ったりしましたが、自分だけ趣味を楽しんでいると家内から怒られてしまうので、家内にもそれなりのプレゼントをしたり、夫婦二人で日帰り温泉に行ったりと、若い頃を思い出しながら夫婦二人でデート気分を楽しめるようにもなりましたので、ワークライフバランス的には随分と充実するようになりました。

という事で、
もう50歳近く、40代後半での転職になりましたが、
今回は良い転職になったなーと実感しています。


横浜へは往復80キロ
F59CCB47-8B2D-4BFD-A5B2-3975038A175F.jpeg

江ノ島へは往復90キロ
1945E735-1F92-4C50-BCA1-E7D3EC10D4D6.jpeg




2018-09-04 21:13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

額面100万円、手取り約70万円のボーナスが・・・


今の外資系の会社に転職してから2年目の夏を迎えて、
額面100万円程の夏季賞与を頂ききましたが、
社会保険や源泉税などの税金を引かれると手取りは70万円ぐらい、
それでも大変有難い金額のボーナスを頂き大変感謝しています。

が、その70万円、既に使い道は決まってしまっていて、

私立高校に通う娘の学費 20万円
車のローンの夏の増額で 11万円
自動車税 4万円
親への借金返済 10万円
税金や国保の支払い遅れ 6万円
ボーナスを期待して買い物したショッピングの一括払い 約10万円
そのた経費 10万円

これで大体 70万円ぐらいの支払いになるんですが、
お金って入ってきてもスグに出て行ってしまうんですよね(・・;

高校娘が大学とか専門学校、
中学息子が高校進学と、

これからもっともっとお金が出て行くようになるので、
頑張って稼がないといけませんね〜賞金

タグキーワード
2018-06-26 19:49 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業お断り 入社前の見極めポイント5つ



私も前職では超パワハラを受けて30代の同僚と一緒に毎日のように罵倒や叱責をされ、給料も安く叩かれていたため家族4人の生活も大変厳しく、退職願を2〜3回提出したものの全く受理されず、鬱病寸前の状態で勤務を続けていましたが、今の外資系の会社からお誘いを受け、弁護士に依頼して15万円の報酬をお支払いして内容証明郵便で退職届を提出してなんとか今の会社に転職、という経験があります。

パワハラを受けながらも勤務を続けていたその2年間は、人生の中で一番過酷な思い出したくもない最悪の2年間でした。

土日でも仕事が間に合わなければサービス出勤していましたし、平日のサービス残業も当たり前。

仮に土日に休めたとしても、家族と出かける金銭的な余裕も無く、子供達のクラブ活動の役員をやったりして手伝いをしてたりする時はそれなりに楽しんでやれていましたが、我に帰るとスグにパワハラ上司の事を思い出してしまい、ゆっくり休めた覚えがありません。

また、月曜日の朝になると頭痛がするのも日常的で、本当に最悪な2年間でした。

そのようなブラック企業、あるいはパワハラやセクハラをする上司を面接の時に見抜くのはそう簡単な事では無いので、一旦そのようなブラック企業に転職してしまったら、履歴書に記載する経歴には残ってしまいますが、試用期間中あるいは早々に辞めるか、あるいは最悪、泣き寝入りするしか無いのが殆どのケースではないでしょうか。

が、入社前にブラック企業を見極める方法が無いわけでは無いようなので、転職の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ブラック企業お断り 入社前の見極めポイント5つ

ちなみに、私が個人的にお勧めする方法は以下の2つです。

1.転職エージェントの活用
2.紹介予定派遣

転職エージェントの方なら、あなたの要望と紹介先企業の事をよく知った上で紹介してくれるので、転職後に話が違うというような問題を回避できる。

紹介予定派遣であれば、雇う側と雇われる側の双方合意の上で初めて正社員になるという制度なので、一度働いてみてシックリ来なければお断りすることができるという有難い仕組みになっています。ただし、自分がその会社への採用を希望したとしても、先方企業からお断りされるというリスクも付いてきます。でも、転職した後にやっぱり失敗した〜と後悔するリスクに比べれば大したリスクでは無いと思います。

せっかくの転職ですから、良い会社、良い人間関係の中で働ける会社に転職したいですよね。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

2018-06-19 18:57 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働き方改革と生き方改革、自分の人生を見直す為に転職してみてるのも一つの方法かも


私はいま48歳になる四人家族で、娘が高校一年生、息子が中学二年生、嫁は同学年の48歳です。

子供たちが小学生の間はクラブ活動の役員なども勤めて土日は殆どその付き添いに時間を取られて自分の時間や夫婦で過ごす時間など全くとれませんでした。

が、最近、子供たちが中高生になって土日も部活やクラブ活動に行くようになったので、自分の勉強時間や嫁と二人で過ごす時間もそれなりに取れるようになりました。

我々夫婦はお互いまだ現役のつもりなので、1〜2週間に一回ぐらいは夫婦の営みもありますし、最近は夫婦二人で近くの温泉施設に行ったりするような時間も取れるようになりました。

また、今勤めている会社の本社がヨーロッパにあるということもあり、決算時期などの忙しい時期を除けば残業や休日出勤をすることは殆どなく、また、仮に残業や休日出勤をした場合でもサービス残業を強いられるようなこともなく、平日も夜20時ぐらいには帰宅しているので家族四人一緒に夕飯を食べられるようにもなりました。
今までの転職の中で勤務経験のある会社ではサービス残業やサービス休日出勤なんかは当たり前のようにやっていたので、今の会社には本当に感謝している次第です。

私生活や家族生活が充実しなければ仕事の充実はありえないと思いますし、その逆もまた、仕事の充実や収入の充実が無ければ私生活や家族生活の充実もありえないと思いますので、仕事とプライベートの充実こそ働き方改革に必要なことなのではないかな〜と思う今日この頃でございます。

また、働き方改革のためには、まずはその前に生き方改革、つまり、どのような生き方をしていきたいかという事もよく考えておかなければ、残業せずに帰宅してもせっかくできた自分の時間を有効活用することはできないと思いますので、まずは自分の生き方を見直す、改めてゆっくりと考え直すというのも大事な事なのではないでしょうか。

ただ、毎日毎日忙しく時間に追われていると、そんな事を考える余裕もないんですけどね・・・

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

2018-05-30 21:24 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職経験談(正社員と派遣での数社の経験が参考になれば・・・) All Rights Reserved.
の直前に貼り付けてください。 -->