人手不足でも広がる40歳からの転職格差 - 転職経験談(正社員と派遣での数社の経験が参考になれば・・・)


人手不足でも広がる40歳からの転職格差


日経WEB版で興味深い記事が掲載されていました

人手不足でも広がる40歳からの転職格差

私も40歳を過ぎてから2回転職していますが、

1回目は次の転職先が決まる前に辞めてしまったので、
次の会社が決まるまで半年ぐらいは派遣で食いつなぐような感じで
ギリギリの生活をしていました。
この時は家内のパート収入に助けられていて家の中では大変肩身の狭い状態でしたが、子供達が2人とも小学生だった為まだそれほどお金がかかる時期ではなかったのが救いでした。

その後、紹介予定派遣での採用が決まりましたが、この会社の上司(所長)が日常的なパワハラ横行の最悪上司。私の紹介予定派遣での仕事のスタートと同時に女性社員が一人辞め、もう一人の女性社員が違う支店に飛ばされ、さらにもう一人男性社員が居ましたがその彼と私がいつも朝から晩まで怒られ怒鳴られっぱなし、外に出かける用がある時も、「チンタラ歩いてんじゃねえ、走ってけ馬鹿野郎!」などと怒鳴られ、一日落ち着いて仕事を出来たことはありませんでした。私は耐え切れなかったので、正社員になる前に辞める意思を伝えましたが、最初はそれも受理されず無理やり勤務を継続させられ、結局弁護士に依頼して退職届けを内容証明郵便で提出し、スッタモンダありましたが何とか退職までこぎつけました。が、最初の勤務開始日から辞めるまでに1年5ヶ月もかかってしまいました。その後も社員が入っては辞めてを繰り返し、人の流動性が高い状態が続いているそうです。

そして、上記の会社でパワハラを受けて仕事を続けている時に、旧知の上司だった方からたまたま連絡を受けて転職のお誘いを頂き、今の会社への転職が決まり、2017年からは今の会社で勤務させて頂くことになりました。

そして今は、平日の残業や休日出勤もそれ程することはなく、自分の勉強の時間や家族と過ごす時間もそれなりに確保できるようになったので、ワークライフバランスの充実した生活を送れるようになりました。
また、収入については10年前ぐらいに勤めていた建設会社の時の方がよりもらっていた事もありましたが、その会社では残業は毎日1〜2時間はやっていて月末月初は終電まで勤務することは当たり前でしたし、休日出勤もよくやっていたので、自分の時間の確保というのはあまりできていませんでした。

そのような点から考えますと、今まで何社か転職した経験から比較しますと、今はまだ家内のパート収入に頼っている部分もありますが、収入と自分の時間の確保というバランスが取れる良い会社に勤務できていると思っています。

実際入社して仕事をしてみないと会社の雰囲気や上司の人柄などわかりませんので、転職というのはリスクも伴いますが、今の会社や上司に不満タラタラでストレスを溜めて生活していくよりかは、転職して明るい未来の可能性を追求するのも一つの選択肢になるのではないでしょうか。


会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

リクナビNEXT新規会員登録

2017-07-08 08:21 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職経験談(正社員と派遣での数社の経験が参考になれば・・・) All Rights Reserved.
の直前に貼り付けてください。 -->