ブラック企業お断り 入社前の見極めポイント5つ - 転職経験談(正社員と派遣での数社の経験が参考になれば・・・)



ブラック企業お断り 入社前の見極めポイント5つ



私も前職では超パワハラを受けて30代の同僚と一緒に毎日のように罵倒や叱責をされ、給料も安く叩かれていたため家族4人の生活も大変厳しく、退職願を2〜3回提出したものの全く受理されず、鬱病寸前の状態で勤務を続けていましたが、今の外資系の会社からお誘いを受け、弁護士に依頼して15万円の報酬をお支払いして内容証明郵便で退職届を提出してなんとか今の会社に転職、という経験があります。

パワハラを受けながらも勤務を続けていたその2年間は、人生の中で一番過酷な思い出したくもない最悪の2年間でした。

土日でも仕事が間に合わなければサービス出勤していましたし、平日のサービス残業も当たり前。

仮に土日に休めたとしても、家族と出かける金銭的な余裕も無く、子供達のクラブ活動の役員をやったりして手伝いをしてたりする時はそれなりに楽しんでやれていましたが、我に帰るとスグにパワハラ上司の事を思い出してしまい、ゆっくり休めた覚えがありません。

また、月曜日の朝になると頭痛がするのも日常的で、本当に最悪な2年間でした。

そのようなブラック企業、あるいはパワハラやセクハラをする上司を面接の時に見抜くのはそう簡単な事では無いので、一旦そのようなブラック企業に転職してしまったら、履歴書に記載する経歴には残ってしまいますが、試用期間中あるいは早々に辞めるか、あるいは最悪、泣き寝入りするしか無いのが殆どのケースではないでしょうか。

が、入社前にブラック企業を見極める方法が無いわけでは無いようなので、転職の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ブラック企業お断り 入社前の見極めポイント5つ

ちなみに、私が個人的にお勧めする方法は以下の2つです。

1.転職エージェントの活用
2.紹介予定派遣

転職エージェントの方なら、あなたの要望と紹介先企業の事をよく知った上で紹介してくれるので、転職後に話が違うというような問題を回避できる。

紹介予定派遣であれば、雇う側と雇われる側の双方合意の上で初めて正社員になるという制度なので、一度働いてみてシックリ来なければお断りすることができるという有難い仕組みになっています。ただし、自分がその会社への採用を希望したとしても、先方企業からお断りされるというリスクも付いてきます。でも、転職した後にやっぱり失敗した〜と後悔するリスクに比べれば大したリスクでは無いと思います。

せっかくの転職ですから、良い会社、良い人間関係の中で働ける会社に転職したいですよね。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

2018-06-19 18:57 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 転職経験談(正社員と派遣での数社の経験が参考になれば・・・) All Rights Reserved.